電験3種(計55時間)

本講座の特長

電験3種は絶対数が不足しており、企業でもニーズが高まっています。
それゆえに難関資格の一つですが、試験の重要なポイントをつかんで早いうちから学習し、多くの問題演習を重ねれば十分に合格できます。
そこで本講座では、実績豊富な講師が各科目の重要な原理・原則を、試験に出やすいところに沿ってわかりやすく解説します。これを理解した上で練習問題を解き続ければ、試験に必要な実力がアップします。

開講コース一覧

コース名 講義時間 受講期間 受講料 推薦図書 質問対応
3ヶ月コース
全科目
計55時間
3ヶ月
22,000円
無料進呈
6ヶ月コース
6ヶ月
29,000円
無料進呈
12ヶ月コース☆
12ヶ月
38,000円
無料進呈
ロングランSEMINET
12ヶ月
20,000円
進呈なし
各コースとも学習する講義内容に違いはありません。受講期間のみ異なります。
☆12ヶ月コースでは、6回の分割払いがご利用いただけます。→ゼミネット・分割払いのご説明

本講座の詳細

講義内容
全科目 計55時間 サンプル映像はこちら
標準学習期間
3ヶ月〜12ヶ月
教材
講師特製オリジナルレジュメ(PDF) 詳しくは「よくある質問」をごらんください。
推薦図書
教材は、全てPDFファイルでご提供しています。講義映像とダウンロード教材だけで、合格のために必要な知識は充分カバーしております。
加えて、市販の参考書をテキスト代わりに使用できるように、学習カリキュラムを作成し、市販書籍の中でも特にゼミネットの講義になじみやすい参考書を「推薦図書(テキスト)」としてご紹介しています。電験3種講座は、『プロが教える電験3種受験対策』(弘文社)が推薦図書です。
講義映像視聴後に関連箇所を一読すれば、きっと理解が深まることでしょう。
今ならキャンペーンとして、通常コースをお申込みの方全員に1冊無料進呈しています。
プロが教える
電験3種受験対策

講師室より一言

試験に当たって数学の苦手意識や出題分野の複雑さや、独学の不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。
ゼミネット電験3種講座は出題範囲に沿って講義していますので、悩みを一気に解決して安心して学習できます。
また、お仕事と両立して進めることも可能です。

重要項目をしっかり学習しておくことが、合格への近道です。
早めの準備と対策が、より確実なものにします。まずは無料視聴にてご体験ください。

各科目の出題傾向と対策
科目 出題傾向と対策
理論 例年、電気回路と電磁気の問題が中心です。この分野だけでも100点満点中65点相当の出題があります。基本をしっかり身に付ければ、十分に合格基準点(60点)を取ることは容易です。
電力 試験範囲は、発電所及び変電所の設計・運転、送電線路・配電線路の設計及び運用並びに電気材料です。説明問題が約7〜8割程度と考えられます。
機械 回転機・静止器から5〜6割相当の出題があります。この分野の出来が合否を左右していると考えられます。試験範囲が広いため、十分な理解が求められます。
法規 試験範囲は、電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理の試験範囲です。電気事業法や、電気設備技術基準の内容の理解が求められます。


電験3種講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
過去割・同時割で受講料20%OFF!継続割で受講料40%OFF!
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る