ビジネス能力検定2級・3級(計32時間)

社会人として必要なビジネス能力を身につける

ビジネス能力検定(B検ジョブパス)では、社会人として必要なビジネス知識や社会常識、ビジネスマナー・スキルなどが問われます。職場で求められる能力を、どの程度備えているかを客観的基準で評価する試験です。
ぜひ本講座でビジネスセンスを磨いて、着実にステップアップしてください。
★今ならビジネススキル5講座をあわせてセット!詳しくはこちら…   

実践的なビジネスの知識とスキル教えます

ビジネスに携わる方には欠かせない、社会常識やビジネススキル。
それらの能力を受験者がどの程度備えているか、1級から3級まで級別に評価する試験がビジネス能力検定(B検ジョブパス)です。

文部科学省後援で、ビジネスの基礎能力を身につけるために、3級試験を新入社員研修に導入している企業も多くなっています。3級では仕事に対する基本姿勢や社会常識などの基礎能力を評価しますので、面接対策にも使えます。

・3級では、ビジネスの常識や基礎的なコミュニケーション、情報活用など、これから職業人として適応するために身に付けておくべき知識を評価します。
・2級では、企業としての役割や責任・権限などを理解するとともに、効率的な業務の進め方や問題解決・企画提案のために必要な基本的なコミュニケーション・情報活用の技法を評価します。
・1級では、企画書や提案書など報告書の作成法や、そのために必要なコミュニケーションやプレゼンテーションの技術を評価します。

試験は、どの級からでも受験可能です。各級の合格証は、合格者の実力を証明します。
さらに進路選択の指針として、あるいはキャリアアップの目安としても役立つでしょう。

ワンポイントレッスン -質問技術-

二者択一

お客さまが迷っている場合「商品Aと商品Bではどちらがお得だと思いますか?」と提案するとき使う。

追跡

二者択一質問に続けて、その理由を尋ねるときに使う。「その1番の理由は何ですか?」

5W2H

詳しい状況を知りたいときに使う。「それは、いつごろ何名様ぐらいですか?」

多義

相手の重要な考え方を引き出すとき、意図的にあいまいな尋ね方をする。
「お客様にとって大切なものは何ですか?」

誘導

お客さまが決めかねている場合
「こちらをお選びになるお客さまが多いですが」と相手にきっかけを与えるときに使う。

名刺交換と面接の基本マナー

問題

名刺交換の仕方で、誤っているものを1つ選びなさい。

ア 名刺は、目下の人、または面会を求めた側が先に出す。
イ 名刺を差し出すときは、両手で、自分が読める方向に持って差し出す。
ウ 名刺を受け取るときは両手で受け取るようにする。
エ 受け取った名刺はその場で一読し、相手の名前や役職を確認する。

【解答】 イ 相手が読める方向に持って差し出す。


ビジネス能力検定2級・3級講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
過去割・同時割で受講料20%OFF!継続割で受講料40%OFF!
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る