秘書技能検定2級・3級(計22時間)

人気の秘訣

秘書検定試験は毎年20万人の方たちが受験されます。
その理由は、社会人として必要な敬語の正しい使い方、ビジネス文書の
書き方やマナー接遇、 冠婚葬祭等、ビジネス社会の常識としてそのまま
仕事上役立つ知識が幅広く身につけられるからです。
そのため最近では、男性受験者も1割近くなっています。
★今ならビジネススキル5講座をあわせてセット!詳しくはこちら…

秘書検定・魅力のポイント

「常識」を養う資格

秘書あるいはOLの方たちには、職務に携わった場合の常識として、ある程度の理解ができること・知識があることが求められています。 秘書検定は受験者の不得意領域克服と教養の向上に役立ちます。

就職に、自己啓発に、着実な広がりを見せる秘書検定

受験者の特徴は何と言っても学生が多いことです。就職を目前に控え、不安と期待の入り混じった時期に少しでも早く検定に合格して自信を得るといった方が多いようです。

あなたの能力を活かして企業で活躍しよう

求められるのは、あなたの本当のセンスと能力です。
実務の基本とマナー・接遇から文書事務、幅広い教養とオールマイティにこなす積極的なあなたの出番です。

ステップアップが図れるだけでなく自信もつく資格・秘書検定

秘書としては、上司のスケジュール管理能力だけでなく、機転が利く事務処理能力も求められます。 また社会人としての一般常識、電話対応などのマナー・接遇、会議の準備や文書作成能力も必要です。
そこで、どんなビジネスシーンでも問われるスキル・知識が数多く出題される試験が秘書検定試験です。

そのため就職活動に役立つ資格を取得したい、視野の広い人間になりたいと考えている方にとっては最適です。
相手の立場になって気を遣って行動できるようになるので、社会人としての人格向上にも役立ちます。
合格により自信がついていきいきと仕事でき、上司にも認められるようになるので、精神的な効果も大きいでしょう。
積極性・向上心などで自己アピールできるので、就職・転職のセールスポイントとしても威力を発揮するでしょう。

以上のような理由から秘書検定試験は、毎年幅広い層から20万人以上の受験者を誇っています。
各企業・学校でも一丸となって受験を推奨し、各個人のスキルアップに役立てているところもあります。

問題演習の重要性

秘書検定試験の特徴は、いわゆる「ひっかけ問題」や「錯覚問題」が多いことです。
これら問題に惑わされないためにも、問題をできるだけ多くこなすことが必要です。
知識の定着とあわせて問題演習を行うために、自分に適した問題集を1冊お手元にご用意いただくことをおすすめします。(本講座では問題集として『秘書検定○級実問題集』(早稲田教育出版)を推薦書籍としております。)

なお、カリキュラムの中で、過去問題を精選して作成した問題演習編を用意しています。
時間に余裕がない方でも、演習編で出題された問題は必ず解答できるようにして下さい。

本番の問題では、多くの領域にまたがる複合的な知識や判断力を動員して解く問題が多くあります。
これは、実際のビジネスの場で秘書検定で学んだ知識をどう活かせるかが問われるからです。
講義映像を見て、ポイントになる文章や単語にアンダーラインを引きながらテキストや問題集を読み進めれば、
何をどのように求められているのかつかめるようになります。日常の勉強から実践してみましょう。


秘書技能検定2級・3級講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
過去割・同時割で受講料20%OFF!継続割で受講料40%OFF!
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る