第二種・第一種衛生管理者

短期集中で確実に学習!

労働安全衛生法で常時50人以上の事業場や工場に配置が義務付けられている衛生管理者。総務・人事などの管理部門だけでなく、生産現場のビジネスパーソンにも必要とされる資格です。
有害業務を含まない業種の会社なら第2種衛生管理者資格で十分。内容は覚えることが中心ですが、短期集中で確実に取得できる資格です。

注目すべき出題傾向

近年の新しい出題ポイント!
出題ポイント 出題分野 内容
AED
(自動対外式
除細動器)
労働生理 一次救命措置としての心肺蘇生手段として使用される機器で、駅、学校、ホテル、市民ホールなど、公共機関に多く設置されています。近年の試験においては、マウスツーマウスによる人工呼吸、心マッサージ方法等とともに、繰り返し出題される論点です。
職場における
喫煙対策のための
ガイドライン
労働衛生 平成8年から「職場における喫煙対策のためのガイドライン」が示されているが、その後、健康増進法で、事務所等多数の者が利用する施設管理者に対し、受動喫煙防止対策を講ずることが努力義務化されたこともあり、近年の試験では、繰り返し出題される論点です。

衛生管理者とは?

衛生管理者は、職場の衛生、作業条件・施設などを管理し、労働者の健康障害の防止、衛生上の調査及び改善、業務上疾病の原因の調査を行うことにより労働者の健康を守る専門家です。
労働安全衛生法により、常に50人以上の労働者を抱えている事業所では、必ず衛生管理者を1人以上置くことが義務付けられています。

衛生管理者の種別
種別 対象業種 学習範囲
労働生理 労働衛生 法令 労働衛生
(有害)
法 令
(有害)
第一種 全業種が対象
第二種 サービス業等が対象※ - -
※農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業を除く業種が対象

衛生管理者資格取得の3大メリット

昇進・昇給につながる
総務・労務部門のエキスパートとして活躍でき、資格手当ても期待できます。

就職・転職にも有利
労働者を常時50人以上抱えている事業所では、1人以上置くことが義務付けられています。
実際には有資格者の絶対数が不足していることもあり、未選任の企業が多いことが実情です。
そのため企業のニーズも高く、就転職に有利になります。

他資格とも関連
衛生管理者の知識は、近年注目されている社会保険労務士試験を学習するときに役立ちます。
社会保険労務士への第一歩として衛生管理者資格を取得する受験生が増えています。

【参考サイト】問題演習サイト「衛生管理者チャレンジWEB」のご案内

過去問題を分析し作成したオリジナル問題を多数用意しています。
講義映像視聴後の理解度チェックにぜひご利用ください。

学習ガイド

難易度 ★★★
標準学習期間 2ヶ月〜4ヶ月

本講座の詳細

講義時間 第二種 7時間
第一種 16時間
教材 PDF資料
講師 第二種 小林孝雄
第一種 小林孝雄、野田修司
参考図書 『要点まる暗記!衛生管理者第1種・第2種合格テキスト』(成美堂出版)


衛生管理者講座を
個人会員用無料体験版はこちら 個人会員用資料請求はこちら 個人会員用お申込みはこちら
各種お申込み
個人会員用無料体験版はこちら
個人会員用資料請求はこちら
個人会員用お申込みはこちら
各種お申込み

その他の資格講座
その他の資格講座

ガイドメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る