第二種証券外務員(計15時間)

講師プロフィール

平下 淳
大手証券会社、外資系保険会社勤務を経て2000年からファイナンシャルプランナーとして独立。金融機関向け研修講師として、年間150 回を超える講義を行う。
『証券外務員用語集(TAC出版)』他著書多数。

NHK 『資格はばたく』(ファイナンシャルプランナー編)に出演するなど、活躍は多岐にわたる。
軽快なテンポとソフトで明快な語り口で、多くの受験生より支持されている。

主な著作物(執筆協力含む)
『AFP試験一発合格のきめて』(オーエス出版社)
『FP技能士3級対策問題集』(TFP出版)
『FP技能士2級問題集』(同)

講師室・学習の進め方アドバイス

証券外務員試験の学習内容は大きく、法令諸規則・商品業務・関連科目の3つに分かれます。

法令諸規則は、その名の通り金融商品取引法などの法律です。商品業務は、株式や債券、投資信託などの各種金融商品です。関連科目は、財務諸表分析や証券税制あるいは経済の常識などです。
学習の流れとしては、法令諸規則を学んでから順番に進んでいくのが一般的です。
しかし法令諸規則は、いざ学習してみると、とっつきにくい科目でもあります。

そこで、商品業務を先に学習するのも1つの手です。
おそらく外務員を志す方なら誰もが、少なからず株式や債券には興味があるはずです。商品の内容を知った後に、その商品を取り扱うためのルール、すなわち法律を学んでいけば、いきなりルールを学ぶよりはスムーズに理解が進むかと思います。



第二種証券外務員講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座

ガイドメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る