宅建講座(77時間)

試験ガイド・メニュー

資格の内容 試験データ 学習アドバイス

高い社会的ニーズの資格

不動産の権利移転をする際、宅地建物取引士以外にはできない独占業務があります。
そのため、不動産業界では事務所ごとに5人に1人以上の割合で、宅地建物取引士の設置が法律で義務付けられています(必置資格)。

不動産業界だけでなく、建設業界や金融機関などでも宅建資格は求められています。
社会的ニーズの高さが、宅建資格の根強い人気の理由の一つです。

宅地建物取引士だけができる3つの独占業務

重要事項の説明

不動産を買おうとする人(買主)、借りようとする人(借主)に、判断材料を提供します。

重要事項説明書面に記名・押印

重要事項説明書書面に記載した内容に間違いがないか確認し、記名・押印します。

契約内容記載書面への記名・押印

契約内容記載書面(契約書)に記載した内容に間違いがないか確認し、記名・押印します。

宅建の魅力と将来性

幅広い活躍の場

宅地建物取引士にはその独占業務があり設置義務があるため、景気に関わらず常に一定のニーズがあります。
銀行など金融機関でも、不動産を担保として融資する際に物件の評価をしなければなりません。
その他業種でも、店舗計画や用地の取得、自社所有の不動産の活用などでその知識が関わってきます。

安心な日常生活

法律や税金など宅建の知識は、日常生活でも密接に関係があります。
マイホームの取得やマンションの賃貸などでも、悪徳業者や欠陥住宅、契約トラブルなどの問題があります。
得た知識を活かし、トラブルを未然に防ぐことによって、ご自身の財産を大切に管理できます。

法律系資格の登竜門

宅建で学ぶ法律は、他の資格試験でも多く出題されます。 特に民法は、多くの法律系科目と関連しています。
そのため、行政書士や司法書士などの学習には大きなアドバンテージとなります。
出題分野の大部分が重なるマンション管理士や管理業務主任者とあわせて、トリプルライセンスを目指す受験生も増えています。

宅建から他資格へのステップアップルート

不動産系 司法書士(不動産の権利登記)
土地家屋調査士(不動産の表示登記)
不動産鑑定士(不動産の評価鑑定)
マンション管理のプロ マンション管理士(マンション管理のアドバイザー)
管理業務主任者(マンション管理会社の必置資格)
独立系 行政書士
社会保険労務士
中小企業診断士
税理士 など


宅建講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る