DCプランナー2級(計40時間)

試験ガイド

2017年4月4日(火)更新
試験概要
DCプランナー試験は、日本商工会議所一般社団法人金融財政事情研究会が共同で実施する試験です。
・確定拠出年金をはじめとする年金・退職金制度の知識・技能を審査します。
・投資教育や老後生活設計の知識を身につけ、確定拠出年金制度の利用を図る企業や個人へ適切な情報を提供できる人材を育成します。
・合格者のうち、資格登録手続を行った方を、「DCプランナー(企業年金総合プランナー)」として認定します。

試験対象

金融機関職員、企業経営者、福利厚生担当者、社会保険労務士、税理士、ファイナンシャル・プランナー、
学生などを始め、自らの年金資産をより有効に運用したいと考えている個人の方

試験水準(2級)

求められるレベル 確定拠出年金やその他の年金制度全般に関する基本的事項を理解し、金融商品や投資等に関する一般的な知識を有し、確定拠出年金の加入者・受給者、確定拠出年金制度を実施する企業の福利厚生担当者などに対し説明できるレベル。
養成対象者 企業の年金担当者
金融機関の渉外担当者

出題範囲・問題形式

試験範囲 A分野 わが国の年金制度・退職給付制度
B分野 確定拠出年金制度
C分野 投資に関する知識
D分野 ライフプランニングとリタイアメントプランニング
出題形式 四答択一式問題で45問程度、マークシート形式
合格基準 100点満点で70点以上

法令基準日

問題文に特に指示のない限り、2017年4月1日現在施行の法令等に基づくものとします。

2017年度試験日程

DCプランナー認定試験は、金融財政事情研究会の金融業務能力検定の試験日程に合わせて実施されます。
試験日時 9月10日(日)
受験申請書請求期間 6月1日(木)〜7月18日(火)
受験申請受付期間 7月5日(水)〜7月25日(火)
合格発表日 10月20日(金)

実施概要

受験資格 どなたでも受験できます
お問合せ先 〒171-0014 東京都豊島区池袋2-65-18
一般社団法人 金融財政事情研究会 検定センター第二分室 事務局
TEL 03-6910-2014(土日祝日を除く9:30〜17:30)
試験当日の注意事項 「身分証明書」が必要になりますので、絶対に忘れないようにしてください。
(商工会議所で施行する全ての検定試験(認定試験)に適用されます。)
「身分証明書」は、原則として氏名、生年月日、顔写真のいずれも確認できるもの(運転免許証、旅券(パスポート)、社員証、学生証など)です。お持ちでない方は、受験地の商工会議所(試験会場)にご相談ください。

試験データ
  申込者数 受験者数 合格者数 合格率(%)
第18回('12.9.9) 2,348 1,959 1,010 51.6
第19回('13.9.8) 2,113 1,775 1,011 57.0
第20回('14.9.14) 1,995 1,656 1,038 62.7
第21回('15.9.13) 2,208 1,837 1,195 65.1
第22回('16.9.11) 3,001 2,499 961 38.5

DCプランナーと他資格との関連
DCプランナーは、FPや社会保険労務士とのダブルライセンスで取得される方が多いです。
勉強された方は、逆にこれら2つの資格を取得しやすいといえます。
DCプランナー学習分野 関連資格
わが国の年金制度・退職給付制度 社会保険労務士、FP
投資に関する知識 FP


DCプランナー2級講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
過去割・同時割で受講料20%OFF!継続割で受講料40%OFF!
カイケイ人・実務百科
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る