不動産投資応用編(約2時間30分)

大家さんのための法律知識って何?

不動産投資を行うために「大家さんになる」には、それなりの法律知識が必要です。
「賃借人の退去時の敷金返還をめぐる訴訟問題で、稼ぐどころではない!」という事態にならないために、賃貸経営のルールを知る必要があります。
また、他人に家を貸すことには、そこに暮らす方の生活を守る義務もあるのです。
「単なる投資」と考えるのではなく、大家さんとしての責任も認識する必要があります。
本講座では、大家さんとして賃貸経営する際に最低限必要になる法律知識も講義します。

正しい知識で大家さんとしてのリスク回避と責任を理解しましょう

・賃貸借契約の基礎
・賃借人の死亡と権利の承継
・造作買取請求権
・定期借家法の基礎
・賃貸住宅紛争防止条例
・短期賃借権制度
・競売になった時の賃借人の立場

などと、大家さんになるにあたって知っておかなければならない事項があります。
本講座は、これらのポイントを知ることができるお役立ち講座です。

賃貸経営には、予想外のトラブルに巻き込まれるケースも少なくありません。
「こんなはずじゃなかった…」となる前に、しっかりとそのツボを学習しましょう。
賃貸物件の競売の際、「住んでいる方がどうなってしまうのか?」ということも認識する必要もあります。
収益物件として、自ら競売物件を買う際にも役立ちます。この部分もしっかり学習しましょう。

本講座の詳細

講義回数 全7回
講義時間 約2時間30分
教材 PDF資料
講師 本鳥有良


不動産投資応用編
無料体験版はこち

ら お申し込みはこち

ら
各種お申し込み
無料体験版はこちら お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の講座
その他の資格講座

ガイドメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る