測量士補(計50時間)

都市開発、土木建築を支えるスペシャリスト

測量士・測量士補は都市開発や道路などの公共事業、建築現場など、土木・建設工事には必要不可欠な専門技術者です。
測量士は業務責任者として測量計画の作成を行います。
また、測量士補は測量士の作成した計画に従って現場で実際の測量に従事します。基本測量及び公共測量に従事するために必要な資格です。

測量を行うあらゆる業種で活躍できる資格

測量事務所や建築・土木会社だけでなく、公共機関や電気・ガス・水道会社など、測量を行うあらゆる業種で活躍できます。
測量に関わる企業や営業所では少なくとも1人の測量士が在籍していることが法で定められており、近年の都市開発、大規模開発事業などの活発化により、ニーズも高まっています。

高い精度が要求される国家資格

地球上の様々な状態の観測、特に点の位置を精密に測る作業を測量といいますが、この測量の中でも国や公共団体の関与のもとに、あるいはこれらが主体となって行う基本測量・公共測量を実際に行うのが測量士(補)です。
これらの測量は、高い精度が要求されるので、有資格者に限って実施できるものとされています。

スキルアップの大きなチャンス

本資格を取得すれば、都市計画や土地再開発などに関する知識を有することが証明できますから、建築・土木会社を目指している学生にとっては、就職の面で非常に有利になります。
また、すでに関連業務に従事している人にとっても、スキルアップの大きなチャンスとなります。

担当者より一言

資格を取るための勉強は、重点目標と、隙間時間の活用が重要です。
この講座で合格を勝ち取り、あなたの活躍の場を広げましょう。

こんな方におすすめします

  • 建築・土木会社を目指している学生
  • 関連業務に従事している方


測量士補講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
過去割・同時割で受講料20%OFF!継続割で受講料40%OFF!
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る