Access 2003(計8.5時間)

Accessとは?

Accessは、パソコンソフトであると同時にDBMS(データベース管理システム)と呼ばれています。データベースとは特定の目的やテーマに関連した情報(データ)を集めたもののことで、データベース管理システムとは、コンピュータで大量のデータを管理運用するための様々な機能を持ったソフトの総称です。
Accessは情報を蓄積し、それを活用するための道具や材料が詰まっている道具箱であって、その使い方はユーザーに委ねられているのです。

本講座は、旧MOS2003試験対策用に制作されたものです。

手軽で仕事に有効なデータベース管理システム

Accessは、繰り返し膨大なデータを利用する業務に威力を発揮します。蓄積したデータを見やすく印刷したり、本格的なデータベースを作成することもできます。データを複数名で管理、共有することで、非常に効果的、効率的なデータ管理ができるソフトです。
個人のスケジュール管理や家計簿から、企業の顧客管理、受注処理、売上管理など様々なシーンで使われています。
本格的で高い機能を備えているだけでなく、従来のツールに比べ、手軽で理解しやすく、操作が簡単であることなどがAccessが最も普及しているデータベースソフトである理由です。
業務にデータベースを用いる会社が増えていますが、Accessを使える人材は不足しているため、これからも就職転職に非常に有効なスキルと言えます。

試験方法

Microsoft Office Excelの試験には、二つのレベル、スペシャリストレベルとエキスパートレベルがあります。
本講座では、スペシャリストレベルを対象としています。
⇒Office 2003(MOS 2003)試験は2013年12月末にて終了しました。詳しくはこちらをご覧ください。


Access 2003講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
過去割・同時割で受講料20%OFF!継続割で受講料40%OFF!
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る