国内旅行管理者(計43時間)

営業所に有資格者が最低一人は必要

旅行会社は一人でも多くの旅行客を獲得しようと新サービス(旅行商品)を展開しています。そこで旅行業務取扱管理者が必要となってきます。
旅行業法では、「旅行業者または旅行業者代理業者は、営業所ごとに、一人以上の旅行業務取扱管理者を選任しなければならない。」と定められているので、旅行会社では、旅行業務取扱管理者の資格の有無が問われます。旅行業界で働く人には必須の資格と言えます。

国内旅行管理者とは

旅行管理者の資格には「総合旅行業務取扱管理者」と「国内旅行業務取扱管理者」があり、「国内旅行業務取扱管理者」は国内旅行のみに限定されます。
「国内旅行業務取扱管理者」は、「総合旅行業務取扱管理者」の約6割の学習量で済みます。しかも、「国内旅行業務取扱管理者」を取得すれば「総合旅行業務取扱管理者」の受験の際2科目も免除され、学習の負担もかなり軽減されます。

仮に万が一「総合旅行業務取扱管理者」の結果が不合格でも、「国内旅行業務取扱管理者」の資格があれば就職・転職に役立ちます。

資格取得後のメリット

  • 旅行業界への就職・転職に有利!学んだ知識は実践に活かせる
  • 昇給、昇進に有利
  • 旅行業界だけではない活躍の場(宿泊業・運輸業・観光業)
  • プライベート旅行にも大活躍

こんな方におすすめ

  • 旅行業界に就職したい・転職したいと考えている方
  • 既に旅行業界で働いていてキャリアアップを図りたい方
  • 経験を積んで、いずれ旅行代理店として独立開業をしたい方
  • 趣味の旅行を仕事に結び付けたい方
  • 趣味の旅行をより充実させたい方



国内旅行管理者講座を
無料体験版はこちら 資料請求はこちら お申し込みはこちら
過去割・同時割で受講料20%OFF!継続割で受講料40%OFF!
各種お申し込み
無料体験版はこちら
資料請求はこちら
お申し込みはこちら
各種お申し込み

その他の資格講座
その他の資格講座



コンテンツメニュー
コンテンツメニュー
ページトップへ戻る